プロテインを飲むなら絶対に飲まなきゃならない食品一覧

プロテインを飲むなら絶対に飲まなきゃならない食品一覧

プロテインを飲むと腸内フローラが悪化する

プロテイン飲んでるとお腹の調子が悪くなったりすることはありませんか?お通じが悪くなったり、おならが臭くなったり。あれはプロテインを摂取することと大きな関わりがあるんです。

まず、腸内細菌には「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」が存在するのを知っているでしょうか。善玉菌、悪玉菌は知っている方も多いと思います。

では日和見菌とは?

善玉菌が優位なときには何もしませんが、悪玉菌が優位なときには悪さをし始める菌のことです。手のひら返しする嫌なやつ。
割合的にはそれぞれ善玉2割、悪玉1割、日和見7割で、通常は善玉菌優位の腸内環境になってるんですが、何らかの原因で悪玉菌が優位になってしまうとお腹の調子がおかしくなるわけです。今回の場合はプロテインですね。プロテインとはタンパク質のことですが、タンパク質は悪玉菌の餌になります。すると悪玉菌が増殖し、腸内フローラの勢力図が悪玉菌に偏ってしまうためにお腹の調子が悪くなります。

これを改善するためには2つの方法があります。
1つ目、悪玉菌を増やさない、つまりプロテインを飲むのをやめる。プロテインを飲むのをやめられない(やめたくない)のでこの方法は出来ません。
では2つ目、善玉菌を増やす。これしかないです。どうすれば良いかというと、悪玉菌と全く同じように、餌になるものを摂取すれば良いんです。代表的なものを以下にまとめてみました。

プロテインと一緒に摂取したほうが良いもの一覧

乳酸菌

乳酸菌は、善玉菌の餌になる訳ではないんですが、腸内の善玉菌が活性化します。なぜ活性化するのかは実はまだ解明されていません。ヨーグルトの整腸作用なんて数十年前から言われてるのに意外ですよね。ちなみに乳酸菌が生きたまま腸にとどいても、腸内で定着することはありません。しかも善玉菌を活性化させる効果は菌が生きていても死んでいても変わりません。死んで腸に届いてもいいんですね。

食品から摂るには?

乳酸菌飲料やヨーグルト、発酵させる漬物(ぬか漬けなど)。
乳酸菌飲料やヨーグルトは、使われている菌によって健康効果が違ったりするので、自分にあったものを探してみるのも良いかもしれません。ただ、その菌固有の効果を得ようとする場合には毎日おおよそ同じ時間に飲み続けることが必要です。先にも書きましたが、本来腸内にいる細菌以外は定着することはないので。

食物繊維

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。善玉菌の餌になるのは主に水溶性のほう。不溶性は腸内の有毒物質を掃除してくれますが、摂取しすぎると体質によっては腸内環境が悪化してしまうこともあるので、摂取量を増やすことを心がけるのは水溶性にしたほうが吉。

食品から摂るには?

水溶性は、らっきょう、葉野菜(ケールなど)、大麦、海藻類、根菜、豆類。
根菜、豆類には不溶性も多く含まれてるので摂り過ぎに注意してください。
食物繊維は皮の部分に多く含まれるので出来るだけ皮の部分まで調理すると良いです。ちなみに僕は栄養摂るためじゃなくて美味しいものを食べるためにご飯食べるので皮は剥いてます笑。栄養を犠牲に美味しさを取り、犠牲にした栄養はサプリメントで補ってます。ちなみにサプリメントで食物繊維を取りたいなら難消化性デキストリンがおすすめ。

オリゴ糖

最近よくオリゴ糖って聞くようになりましたけど、オリゴ糖ってなんか身体に良さそうな物質っていう認識の人が大多数な気がします。そもそもオリゴ糖は腸内のビフィズス菌増殖の実験過程で発見された糖です。いわばビフィズス菌の正統派餌。たぶん。とはいえ、働きとしては糖類よりも食物繊維に近いです。というか日本の食品成分表には食物繊維として書かれてしまっているくらい。ちなみにカロリーは砂糖の半分なので置き換えとして使うとするととても優秀です。

食品から摂るには?

結論から言うと食品からしっかり摂るのは難しいです。100グラムあたり0.数グラムがいいとこ。摂るとしたら売られてるオリゴ糖製品を買うほうが良いと思います。役割は食物繊維とほぼ同じなのでオリゴ糖を好んで摂る必要もないかもしれません。

 

まとめ

プロテインを飲むなら摂ったほうが良い食品を紹介しました。飲んでなくても摂ったほうが良いですけどね。全部摂る必要はないのでどれか一つでも摂ると調子が良くなりますよ。